3Dプリンター、ゲットだぜ! Geeetech A30T

 ついに、念願だった3Dプリンターを購入しました。

 数年前から3Dプリンターを購入しようとインターネットで探し続けていたのですが、プリントサイズが小さかったり、価格が高かったりで中々これと言ったものがありませんでした。

 そして、数ヶ月前にプリントサイズが大きく、価格が安く、おまけに3色でプリント出来る「Geeetech A30T」を見つけたのと、息子が3DCADの基本操作を習得したので、購入する事にしました。

geeetech a30t
https://www.geeetech.com/geeetech-a30t-3in1out-auto-leveling-mix-color-3d-printer-p-1135.html

 Amazonなどの日本語で普段使い慣れている様なサイトで取り扱いがなかったので、バングッドと言う中国のサイトから注文しました。注文が確定し、処理中の表示になり待っていたのですが、1週間後に突然キャンセルされてしまいました。恐らく在庫が無かったのではないかと思います。海外のサイトではよくある事だそうです。

 仕方が無いので、次はメーカーのGeeetechのサイトから注文しました。3日間ほど処理中の表示が続いた後、出荷済みに変わりました。てっきり船で来るから時間がかかるだろうと思っていたら、飛行機だったのでその3日後に家に届きました。送料は結構高かったです。

 早速開封し、1時間程かけて組み立て、ベースプレートを調整し、サンプルデータを無事にプリントする事が出来ました。その後、オプションの3Dタッチ(オートレベリング装置)とwifi モジュールを取り付けました。wifi モジュールはスマホと接続できる様なのですが、まだ試していません。出来ればパソコンとも無線で接続したいと思っています。

 オートレベリングを取り付け、あれこれいじり、息子が設計した容器のプリントをスタートしたところ、ノズルとベースプレートが接触し、ガガガガッ!と激しく音がしたため、慌てて電源を切りました。確認すると、付属のシートに穴が空いてしまっていました。ショックでしたが、オプションでガラスプレートも購入していたので、以後のプリントも可能なのでギリギリセーフでした。

 インターネットでオートレベリングについて更に情報を仕入れ、調整し上手くプリントをスタートさせられる様になりました。

 うちでは、設計は、fusion360で行い、STLファイルで出力し、Geeetechのeasy print 3Dで読み込み、スライスとプリンターの設定を行い、マイクロSDカードに書き込み、プリントを行なっています。

 いきなりプリントをスタートするとベースプレートから取れなくなったので、始めにラフトを入れると上手くいく様になりました。

 途中で積層がずれていくので、調べてみると、ヘッドの動きが速すぎるとあったので、遅くする事で上手くいく様になりました。

 (とりあえず、ダイニングのテーブルの上に置いています。正式な置き場所の準備が出来次第移動する予定です。うちは、散らかっている事もあります。)

日本で、このA30Tを使っている人のブログなどを見つけられず、メーカーのページも全て英語なのでちゃんと届くのか、ちゃんと動くのか、不安でしたが何とか正常に使えるところまで持っていけたので良かったです。これから息子と一緒にどんどん作っていこうと思います。

※追記:2021/3/25

いつからか、はっきりとは分かりませんが、楽天などでの販売も始まったようです。もしかしてこのブログの影響?もしそうならコメントよろしく~(^^♪。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA