子ども達のピアノ発表会

 子ども達のピアノの発表会があった。私が小1からピアノを習い始め今でも弾いていることから、子ども達にも小1から習わせている。2人ともマイペースに楽しんでいるようだ。

 息子はASDで娘は軽度知的障害なので上達のスピードはかなりゆっくりだ。ピアノ教室の先生が子ども達の事をよく理解してくれているので楽しく続けられている。非常に感謝している。

 息子はモーツァルトのトルコ行進曲を弾いた。去年弾いたメガロバニアよりは簡単だった。今年はほぼ自力で弾けるようになっていた。

 娘は今回が初めての発表会だった。とても楽しみにしており、張り切って弾いていた。娘の一曲目は私との連弾だった。曲の始まりで、私がペダルを踏み間違えてしまい焦った。また、例年はなかったのだが、今年はピアノの音をマイクで拾い少し大きくしていたので、迫力があった。しかし、舞台上では娘のピアノの音量が小さく聞こえたため、私の演奏を小さくしたが、客席には娘の音もしっかり聞こえておりバランスが少しわるくなってしまった。

 7月にいたみホールで行われるリレーコンサート(先着100組誰でも出れる)には、妻と息子、私と娘で連弾で出場する。

息子

↓去年の息子のピアノ発表会
息子の小学校卒業式と水筒とピアノ

〇息子のYouTubeチャンネル
ごちゃまぜゆっくりゲーム実況
良ければ登録お願いします(‘ω’)ノ

〇おすすめ記事
旭川女子中学生いじめ凍死事件についてと、私の活動に対しての基本的な考え方(厚志)
シリーズ:コミュニケーションについて(全4話)(厚志)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA