夜の闇

夜の闇

作詞:落合可奈子
作曲:落合厚志

背中を丸めてうずくまる私
畳の匂いで昔にタイムスリップ
どこにでもある風景
夕日が浮かぶ空
誰もいない部屋に
時計の音だけがやけに響く

一人小さな少女が
うずくまり声も出さない
夜の闇にのみ込まれてゆく

暗い森の中
さまようように目を閉じる
痛みも悲しみも感じない少女

やっと口を開いても
答えるものもいない
 
ベランダで星を数え
時間だけ過ぎて行く
 
きらきら光る星は
とてもきれいで優しい
この闇夜が明ける日は来るのか
 
一人小さな少女が
うずくまり声も出さない
 
きらきら光る星は
とてもきれいで優しい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA